レーシングビアンキに命をかけるオッサンプライベーターのブログ

レースカーを車検通すためにACTIVE デジタルスピードメーターを設置

アクティブデジタルスピードモニター

もともとついていた純正メーターからレーシーにするために作業を続けている。

前回まででかなり納得できる仕上がりになってきているけど、スピードメーターの入るスペースがなくなってしまった。

自走して会場に行くことや、ヒルクライムに向けて車を作っているので車検を通すことは必須。

なので今回はアクティブデジタルスピードモニターを取り付けた。

 

アクティブデジタルスピードモニターを選んだ理由

レースカーにはぶっちゃけ必要ないのがスピードメーターですよね。

でも公道を走るなら車検通さなきゃいけない…

ならば、

[aside type=”sky”]
  • なるべく小ぶり
  • 場所を取らない
  • 設定が簡単
  • オドメーター表示がある
[/aside]

の四拍子そろったアクティブデジタルスピードモニターがやっぱり一番使い勝手がイイ!

ってことで、早速設置します!

[aside type=”boader”]※オドメーターとは、累計走行距離を表示するメーターのこと。これも車検の必須項目です。[/aside]

 

 

アクティブデジタルスピードモニターを設置した

設置

旧車のサンデーレーサー達に多く使われているアクティブデジタルスピードモニター。

なんとか無事に装着完了!

 

ビアンキの場合センサーをどこで拾うか少し考えさせられましたけど…

結局センサーが信号を拾う必要がある。

センサーはフロントブレーキキャリパーに取り付け、信号を拾わせるのに、ドライブシャフトのアウターブーツの固定バンドから取った。

 

by
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です